脱毛は「襟足NG」「うなじOK」髪の毛かうぶ毛か、それが問題だ!

うなじがこんな毛だらけの人いるんだYO!という他人の記事の写真が、自分のうなじ写真でズッコケたことがある櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

ちなみに、鼻の毛穴の写真はいろんなところで勝手に使われているので、ふと自分の毛穴に出会っても、もはや驚きもしませんが。

いやいや、それだけ皆さまに櫻田の毛穴やうなじが愛されているのは光栄なことです。

さて先日、櫻田の中で「うなじ脱毛」が大変盛り上がりまして、勢いでうなじ脱毛の見積もりにいってみました。

そもそもなんでうなじを脱毛したいのか?

うなじを脱毛したい理由

櫻田は最近ショートボブですが、いつも最後にバリカンでジョリジョリ処理されるのが憂鬱です。

バリカンで剃るということは、時間が経つとツンツン生えて来るということであり、そんなヒゲみたいなのがうなじを彩っているのかと思うと、それは美しくないに決まっています。

日頃は見えないから気にならないけど、厳しい現実を突きつけられているような。

この襟足の部分、ビミョーに短い毛↓が、伸びて来るとツンツン出て来るんですよ。

(拡大するともう少し大きな画像でみられますがちょっと気持悪い)

毛が渦巻いたりしてるんですよね・・・あまり短くすると、ここが露出してしまったり、モサモサした毛がツンツン出て来てしまうんですよ。

ショートボブから再びショートっぽくしたいなと思っていて、うなじをキレイにできたらいいな、とりあえずどれくらいかかるのか知りたいな、と思って。

レーザーや光だと硬毛化も気になるし、真っすぐに境目が出来てもイヤだけど、電気ならイケるんじゃない?

それは髪の毛です。髪の毛は脱毛できません。

ということで、某美容電気脱毛のサロンに行って、衝撃的な事実を突きつけられました。

・あなたが脱毛したいその毛は髪の毛。
・髪の毛は脱毛できません。

=今日何しにここに来たの私?

「髪の毛」は脱毛できないと・・・うん、そういえば昔聞いたことあったような気がして来た。

でもさ、その境目ってどこにあるの?

「髪の毛/うぶ毛」「襟足/うなじ」の違いって?

襟足:襟首のところの髪のはえぎわ(主に髪の毛:脱毛不可)

うなじ:首の後ろ部分(主にうぶ毛:脱毛可)

襟足は生え際ではありますが、あくまで「髪の毛」の一部分ということになるかな。

美容院で襟足を整えるとかカットするとは言うけれど、うなじを整えるとは言いませんよね。

うなじは襟足から肩に向かうエリアをぼんやり指す感じですね。

その定義は曖昧だしそれを突き詰めても意味はなく、「各サロンがどこまでがうぶ毛:脱毛可で、どこからが髪の毛:脱毛不可としているのか」それが大切なのです。

櫻田のうなじの写真を撮って頂いて、ここは髪の毛ですね、ここはうぶ毛ですね、というのを確認して行きました・・・。

ショックで良く覚えていないのですが、かなり「髪の毛」認定されてました。うろ覚えだし、あくまで参考ということで。

うーん、これ、「うなじ脱毛」しても意味ないわ。

何をもって髪の毛とするのかは、サロンによってほんと違うと思いますので、ご相談されてみてくださいね。

櫻田が脱毛したいのは「襟足:髪の毛」であり「うなじ:うぶ毛」ではない

できる範囲が明確に分かったことは、サロンの方には申し訳ないのですが、大変大きな収穫でした。

こういったルールというのは、大手であればあるほど厳しく、小さいところであるほどゆるい、というのが、脱毛を10ヶ所以上で経験している櫻田の予想。

ただ、なぜ厳しいのかといえば、それは何か「事故」が起きるリスクを低くしたいからであって、小さい所で髪の毛寄りのうぶ毛を処理して、何か事故が起きたら、自分が痛い目に合うのだし、そのサロンにも迷惑だろうよ・・・

また、うなじは「硬毛化」も気になりますし、ますますアンタッチャブルな気がして来ました。

やるとしたら、境界あたりは電気脱毛、広い面積は医療レーザーかな・・・って、何十万かかるんですか?って思うと、これはもう、やらなくていいかな・・・。

うなじは自分で見えないし、毛がないことにして生きていこ♪

Source: マニアック脱毛の実態レポ