従来のレーザー脱毛との比較

AdobeStock_44214530

従来のレーザー脱毛との比較

従来の医療レーザー脱毛は、レーザー光線が毛包内のメラニン色素に反応し発熱することで毛包細胞を破壊し、毛の再生を防ぐというメカニズムです。特に太い毛や濃い毛などは発熱量が多くなり、強い痛みを感じる場合も少なからずありました。

これに対し、「ソプラノ」シリーズは弱いエネルギーのレーザーを繰り返し照射して皮下に熱を蓄えて脱毛する「蓄熱脱毛」という新しい脱毛方法です。 広い範囲に弱いエネルギーを徐々に与えて毛包を破壊するので痛みが少なく、高性能な冷却装置を組み合わせているため、従来型のレーザー脱毛に比べて格段に刺激の少ない脱毛方法なのです

Source: 医療脱毛最前線.com