蓄熱脱毛の特徴

AdobeStock_113828018

蓄熱脱毛の特徴

従来のレーザー脱毛機は、施術中に針でチクチクっと浅く突いたような痛みを感じることがあります。これは照射したレーザー光線が毛包内のメラニン色素に反応し発熱することで起こる痛みで、毛包細胞を破壊し、毛の再生を防ぐというメカニズムで脱毛を促すため避けては通れない痛みでしたが、 このような医療レーザー脱毛の問題を克服するために開発・改良されたのが「蓄熱脱毛」です。

レーザー脱毛の一瞬チクッとする痛みは、レーザーが毛根に作用する際に皮膚内で発生する高熱(60~70℃)によるものですが、「蓄熱脱毛」施術は従来のレーザーの半分以下の出力で、従来と比べて格段に高速なサイクルで照射することで皮下に熱を蓄えて脱毛する次世代型レーザー脱毛です。   

Source: 医療脱毛最前線.com