医療脱毛レーザー【アレキサンドライトレーザー】の特徴

AdobeStock_101924674

医療脱毛レーザー【アレキサンドライトレーザー】の特徴

◆[アレキサンドライトレーザー]:波長755nm

アレキサンドライトと呼ばれる鉱石を用いたレーザー脱毛器です。 メラニン色素に吸収されやすい波長のレーザーなのでメラニンの少ない薄いムダ毛に対する脱毛効果は高いとされています。またレーザーが皮膚の比較的浅いところに留まるため美肌効果があり、脱毛以外にもシミや肝斑やアザの治療、二の腕のぶつぶつ(毛孔性苔癬)なども改善できるとされています。

ただしアレキサンドライトレーザーはメラニンに強く反応してしまうため、日焼けした皮膚や地黒の肌には不向きです。メラニンへの吸収が多いため、肌の奥深くまでは届かず毛根が深い位置にある毛にも不向きです。またダイオードレーザーと比較して痛みが強く出る傾向があります。

Source: 医療脱毛最前線.com