【うなじ脱毛】うなじ脱毛の難しさ

【うなじ脱毛】うなじ脱毛の難しさ

襟足の脱毛を考えた時、どのような形に脱毛したらよいでしょうか?

一般的に、襟足(うなじ)の形は柔らかいW型が理想とされ、Wの下は毛を少し残して脱毛すると美しい自然な襟足(うなじ)を作ることができます。

ただ、襟足(うなじ)は産毛の多い箇所でもあるため、エステサロンの光脱毛では産毛の脱毛効果が出にくいという欠点があり、普通の毛よりも施術回数が多くなる場合がほとんどです。

脱毛完了まで数ケ月に1 回の頻度で6 回以上は通うのが一般的で、期間でいえば1~2 年程度かかることになります。

Source: 医療脱毛最前線.com